パワハラへの仕返しで注意すべきこととは

最近よくパワハラという言葉をお聞きにならないでしょうか。
セクハラは昔からよく聞きますが、
このパワハラは最近よく聞くようになりました。
パワーハラスメントといい上司が部下に不当な仕打ちを行い、
それに部下が耐えられない状態をいいます。
ではパワハラへの仕返しで注意すべきこととはなんでしょう。
まず仕返しを考えるべきなのでしょうか。
パワハラへの仕返しで注意すべきこととは、
意識の問題が考えられます。
まずパワハラは法律に違反した行為であること。
その意識をきちんと認識する必要があります。

ですがセクハラよりもこのパワハラは立証が難しい問題でもあります。
今まで告発された事例を見ても社員に全く非がないか。
というとそうではありません。
あなたが仕事中に居眠りをしていたとします。
その居眠りを厳しく上司に注意をされました。
それをボイスレコーダーで録音していたとします。
もし居眠りをしていない、
考え事をしていただけだったと証言する同僚がいれば、
パワハラは立証される可能性は高くなります。
パワハラへの仕返しで注意すべきこととは、
感情的になりすぎないことかもしれません。

世の中に溢れている差別や人権侵害、
その多くは無意識に行っていることでもあります。
加害者と言われる立場の人たちに、
その意識がないことは多々あります。
セクハラやパワハラなどもそれと同じです。
やっている本人に自覚がないこと、
やられている本人は苦痛でしかないこと。
そのような悩みは現代では珍しくなく、
相談できる窓口はあってもお役所対応です。
相談できる相手も問題が複雑なだけに、
見つけるのも容易ではありません。

まずやるべきことは誰かに話すことです。
一人で悶々とした毎日を過ごすのではなく。
専門家あるいはコンサルティング会社に相談する。
必ずあなたの行動も変わるはずです。
誰かの人生ではありません。
あなたの人生を生きるのには、
相談する勇気が必要なのです。
お問い合せ24時間対応